「瓶花」|専門店だから出来る高額買取。小倉遊亀の作品はどこよりも強化買取させて頂きます。

「瓶花」

小倉遊亀

小倉遊亀 瓶花|レゾネ:#105

●作品名:「瓶花」
・製作:2002年
・技法:木版画
・買取時期:2013年11月
原画は現在、滋賀県大津市の滋賀県立近代美術館に寄託されております。小倉遊亀画伯が大津市の出身であることから同美術館には「小倉遊亀コーナ」が設けられており、入れ替えながら常時20点近い作品が展示されています。
尚、本作は小倉遊亀が死去後に製作された木版画であり、小倉遊亀の作品は木版画・リトグラフ、復刻画でも今尚、高い人気を誇っています。

小倉遊亀 作品の売却をご検討のお客様へ

小倉遊亀の木版画は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。小倉遊亀「瓶花」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

小倉遊亀の作品価値と買取相場

「瓶花」の作者としても有名な⼩倉遊⻲は昭和期の代表的な⼥性⽇本画家で、⽂化勲章受章者でもあります。
⼥性として初めて「⽇本美術院」の「同⼈」(⽇本美術院の作家区分の中で最⾼位)へと推挙された⼈物でもあります。⽇本美術院理事⻑就任といった数々の功績を持ち、美術界に⼥性の地位を確⽴した先駆者といえるでしょう。
そのバイタリティは、105 歳で逝去するまで制作活動を続けたことからもうかがえます。遊⻲は⾊彩豊かな⼈物画が評判で、舞妓や裸⼥といった⼈物画も描いています。代表作は「O 夫⼈坐像」や「⼩⼥」「浴⼥」など。⼈物画以外にも、花や⾻董品を題材にした作品も描いており、⾼価買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法